採用情報

Recruit

採用情報

Recruit

社員紹介

石原 みさき/営業事務

2020年入社

1人の

プロフェッショナルとして

石原 みさき/営業事務

2020年入社

入社の決め手は「人」

専門知識を持ったプロフェッショナルとお客様をつなぐような仕事がしたいと考えて進路を検討する中で、営業事務という職種がそれに近いことを知りました。社内にいる時間が長くなるため、そこで過ごす時間がギスギスしたものであってはほしくない。就職先を選ぶ際には、そこで働く「人」を重視しました。その点春日井は、会社説明会で出会った採用担当者の柔和な人当たりと、選考過程で訪問した際の温かい雰囲気がすごく印象的で。ここならきっと、長く、楽しく働いていけるに違いない──そう考えて、入社を決めました。

暖かさに支えられて

実際に働き出してみると、予想以上に社員同士の仲が良く、自分の選択は間違っていなかったなあと実感しています。時には家族のように、時には友だちのように接してくれる先輩たちが、お客様対応時には一転して頼れるプロの顔になる。このギャップに、最初は驚かされました。

いま思えば、当初の私はまだまだ社会人の自覚というか、責任を持って仕事をするということが理解できていなかったのだと思います。電話を取れば、相手にとって私は「春日井の人」。専門家としてしっかり受け答えできなくてはならないのに、それができず、ミスをして落ち込んだこともありました。そんなときも、先輩がフォローをしてくれる環境に助けられながら、自分なりに仕事の流れを掴むことができるようになりました。

単なるサポート役ではなく

春日井の営業事務って、ただの営業のサポート役ではないんですよね。営業の不在時にお客様から急ぎの対応を求められることもままあります。メールや電話で営業と連携を取りつつも、ある程度は自分の判断で動き、納品まで完結させる営業事務の先輩は珍しくありません。このスピード感は、当社の大きな強みの一つ。それを担う職種なんです。

日々の対応の一つ一つが学びの場ですが、それに加えて商品知識を体系的に身につけられる社内勉強会も定期的に開催されています。そういった機会を積極的に活用して、少しでも先輩たちに追いついていきたい。プロフェッショナルのお手伝いではなく、私自身が一人のプロフェッショナルとしてお客様に頼られる存在になれるよう、知識を磨いていきたいと考えています。

休日の過ごし方

お笑いライブに没頭

お笑いが大好きなので、休日には友人とお笑いライブを見に行くことが多いです。平日でも、営業事務はほとんど残業せずに定時通りに退社できるため、時には終業後にライブに行くこともあります。

一日のスケジュール

  • 8:30

    出社。更衣室で制服に着替えて、1日の業務をスタート!

  • 9:00

    注文書を見ながら伝票を分類し、優先順位に応じて処理していきます。

  • 11:30

    午前中に処理した納品書を作成。封筒に入れ、配送便に託します。

  • 12:00

    食堂で昼食。休憩室に移動し、昼休みが終わるまで雑談を楽しみます。

  • 13:00

    昼の間に入ってきた伝票を処理。並行してお客様からのお問い合わせに対応。

  • 18:00

    制服から着替えて終業。残業はほとんどせず、時間内にきっちり終わらせます。

  • 19:30

    帰宅。食事を済ませ、動画を見たりしつつ23時には床に就きます。