採用情報

Recruit

採用情報

Recruit

社員紹介

横川 優斗/国内営業

2017年入社

見慣れた街の景色が

一変するおもしろさ

横川 優斗/国内営業

2017年入社

「縁の下の力持ち」を扱うビジネス

普通に生活していると、配管のことを意識する機会ってほとんどないと思うんです。私自身がそうだったからよく分かる。それはそれらが正常に機能しているということで、むしろ喜ばしいことなんですよね。目立たないのが、あるべき姿。縁の下の力持ちです。でも、当社に入社すると、とたんにそれらがぐっと身近になる。暮らしのあちこちで働くバルブが、継手が、フランジが目に飛び込んでくるようになって、見慣れた街の景色が一変するんです。これは「春日井あるある」なんですが、けっこう新鮮な体験だと思いますよ。

おしゃべり好きが直面した壁

私はもともと人と話すのが好きで、就職活動にあたっては商社の営業職をやりたいと考えていました。和気あいあいとした社風にひかれて当社を選び、まず1年目は先輩のサポートをしながら商品知識と営業ノウハウ習得に注力。2年目から晴れて担当を割り振られ、1人でお客様やお取引先様をまわって本格的に営業活動に取り組む日々が始まりました。

基本的にはお客様からの「○○という継手を○個、○日までにほしい」というご要望を受けて在庫を確認し、不足していればメーカー様に問い合わせるなどしながら必要分を確保、納品するのが私たちの業務になります。ただ、膨大な種類の配管資材をすべて把握するのは容易なことではありません。担当を持った直後は知識不足から適切な対応ができず、お客様からお叱りを受けたこともありました。

先輩のサポートを得て、
次のステージへ

期待に応えられなかったことがどうにも悔しくて、改めて本腰を入れて勉強しました。必死になってカタログや資料を読みあさり、それでも分からないことは先輩をつかまえて教えてもらって。幸い、当社にはそういうときにすごく気さくに、そして丁寧に教えてくれる人がすごく多いんです。おかげで、少しずつではありましたが着実に知識と自信を身につけていくことができました。お客様から「仕事が早くなったな。ありがとう」という言葉をいただいたのはそれから数カ月後。本当にうれしかったのを覚えています。そこからはがぜん、仕事が楽しくなりましたね。

まだまだ先輩方には及ばないことばかりですが、一つ一つ学びを重ねながら自分なりの営業スタイルを確立するのが今の目標です。これから入ってくる人も含め、後輩を自分の言葉で助けてあげられるような先輩を目指していきたいと考えています。

休日の過ごし方

汗を流してリフレッシュ!

学生時代からスポーツは好きだったのですが、社会人になって憧れだった格闘技を始めました。試合などのスケジュール調整がつかなくても、トレーニングは定期的に続けています。やっぱり無心で体を動かすのは気持ちいいですね。

一日のスケジュール

  • 8:30

    出社。メールを確認し、一日のスケジュールを立てます。

  • 9:00

    社内での見積もり作成、電話でのお問い合わせ対応に従事。

  • 11:30

    午後のお客様訪問に向け出発。ランチも外で済ませます。

  • 13:00

    お客様の会社を訪問し、打ち合わせ。大阪府下を中心に、1日3~4件回ります。

  • 17:00

    帰社。いただいてきたご要望を整理し、メーカー様に連絡を取ります。

  • 18:30

    退社。ジムに立ち寄り、メニューをこなして汗を流します。

  • 22:00

    帰宅。夕食を手早く済ませ、TV等でその日の出来事をチェックして、24時には就寝。